資料請求

お問い合わせ

サービス紹介

フロン法点検サービス

フロン排出抑制法では、フロンを使用するすべての業務用冷凍空調機器の簡易点検の実施が義務付けられました。簡易点検、定期点検ともに機器を廃棄にするまで継続的な点検と、点検記録を保存しておくことも義務付けられています。
ダイキンエアテクノでは、プロのサービスマンが多数在籍しており、フロン排出抑制法の対応をサポートします。
ダイキン製品はもちろん、全メーカー製品の点検を承ります。

ダイキンエアテクノではお客様にあわせた
フロン法点検サービスをご用意しております

ダイキンエアテクノが提供する点検サービス

簡易点検サービス

POINT

プロの目で点検することで、機器の異常を発見でき、対処することで本来の能力を発揮し省エネルギーに貢献します。
また、異音や振動は故障が起きる予兆であり、早期に修理することで突発的故障を防ぎ、業務への影響を抑えることができます。

対象 全ての第一種特定製品>3ヶ月に1回以上

簡易点検で機器や設置の不具合を見つけましょう

簡易点検の作業は、有資格者だけでなく、管理者(ユーザー)自身で実施することもできます。
しかし、機器台数が多かったり、安全な作業が難しい設置環境(高所など)の場合も多く、注意が必要です。
ダイキンエアテクノでは、プロのサービスマンが作業を代行するとともに、法対応に必要な点検記録簿作成までワンストップでお請けしています。

確認

1.対象機器の確認

設置機器リストを基に、定期点検または簡易点検の対象機器か調査します。

  • ※全メーカー対応。
  • ※現地調査が必要な場合は、別途調査費がかかります。
簡易点検

2.簡易点検の実施

全ての業務用空調機
(点検頻度:3ヶ月に1回以上)

修理

(修理)

フロンガスが漏えいしていたり、機器に異常が見つかった場合、修理します。

  • ※別途修理費がかかります。
記録

3.点検記録簿の作成

目視確認による

  • ・異常音・異常振動
  • ・外観の損傷
  • ・摩耗および腐食
  • ・錆び
  • ・油漏れ
  • ・熱交換器の霜の付着の有無その他の劣化

※冷蔵機器および冷凍機器の場合、上記項目に加え庫内温度の確認

詳しい点検項目についてはこちらの「簡易点検のポイント」ページをご確認ください。

簡易点検+定期点検サービス

POINT

定期点検は、有資格者が作業を行わなければなりません。
定期点検の対象になっているのは、特に定格出力が多く、フロン類の充填量が多い製品のため、確実な点検作業および整備が必要です。
作業は1年に1回もしくは3年に1回の実施でよいものの、機器を廃棄するまで永続的に続きますので、末永く依頼できるパートナーを見つけることが重要です。

定期点検のみ、または簡易点検+定期点検のサービスもお任せください

ダイキンエアテクノでは、定期点検を行える「冷媒フロン類取扱技術者」が多数在籍しています。
有資格者が行う定期点検はダイキンエアテクノへお任せください。

確認

1.対象機器の確認

設置機器リストを基に、定期点検または簡易点検の対象機器か調査します。

  • ※全メーカー対応。
  • ※現地調査が必要な場合は、別途調査費がかかります。
点検

【簡易点検】

  • ・全ての第一種特定製品

【定期点検】

  • ・定格出力50kW以上のエアコン
  • ・定格出力7.5~50kW未満のエアコン
  • ・定格出力7.5kW以上の冷蔵、冷凍機器
  • >1年に1回以上の点検
  • >3年に1回以上の点検
  • >1年に1回以上の点検
修理

(修理)

フロンガスが漏えいしていたり、機器に異常が見つかった場合、修理します。

  • ※別途修理費がかかります。
記録

【記録・報告書、証明書作成】

  • ・点検記録簿の作成
  • ・算定漏えい量の報告書作成支援

【直接法の場合】

  • ・発泡液法
  • ・電子式漏えいガス検知法
  • ・蛍光剤法(メーカー承認が必要)

【間接法の場合】

蒸発圧力、凝縮圧力、圧縮機・駆動原動機の電圧・
電流、過熱度、過冷却度等が平常運転時に比べ、
異常値となっていないか計測器等を用いて点検する。

※冷蔵機器および冷凍機器の場合、上記項目に加え庫内温度の確認

点検依頼・お問い合わせ