資料請求

お問い合わせ

フロン排出抑制法とは

定期点検の期限について

2017年度はフロン排出抑制法施行から3年目となり、
定期点検の期限を迎える年です。

多くの中小型の空調機器(ビル用マルチエアコン)は
定期点検の対象です。

点検内容

全ての第一種特定製品について、3ヶ月に1回以上管理者自身で「簡易点検」を行う必要があります。さらに管理する第一種特定製品の圧縮機に用いられる電動機の定格出力が7.5kw以上の場合は有資格者による「定期点検」を行う必要があります。

施行後3年目に当たる2017年度には数百万台の機器の
定期点検が集中するため、大変混雑が予想されますので、
計画的かつ早めの点検実施をお勧めします

点検に関するサービスはこちら

点検依頼・お問い合わせ