資料請求

お問い合わせ

フロン排出抑制法とは

罰則について

第一種特定製品の管理者や充填回収業者が、点検や漏えい時の対応を怠ったり、フロン類をみだりに放出した場合は次のような罰則を受けることがあります。フロン類に関係する報告書、またフロンの扱いには厳重に注意する必要があります。

改正フロン排出抑制法が2019年5月29日成立し、2020年4月1日に施行されます。
※従前は指導・勧告・命令を経ていましたが、改正施行後は直罰化(即罰則)されます。

フロンをみだりに放出した場合

1年以下の懲役または50万円以下の罰金

冷媒を回収せずに機器を廃棄した場合

50万円以下の罰金

回収依頼書もしくは委託確認書を交付せず廃棄した場合
また書類の保存を怠った場合

30万円以下の罰金

引取証明書(写し)の保存を怠った場合

30万円以下の罰金

行程管理票の記載、不十分記載、保存

30万円以下の罰金

廃棄機器を引渡す場合は『引取証明書』写しの交付

30万円以下の罰金

点検・記録保持についてはコチラ

点検依頼・お問い合わせ