資料請求

お問い合わせ

フロン排出抑制法とは

フロン排出抑制法とは

業務用冷凍空調機器分野の多くにはフロンガスが使用されています。そのフロンガスが大気に放出されると「地球温暖化」に大きな影響を及ぼします。現状のフロンガス回収量はおよそ3割と言われており、このままのペースだと2020年におけるフロンガスなどの排出量は現在の約2倍程度になると予測されます。

[出典]環境省「フロン類対策の一層の推進について(フロン排出抑制法の概要)」

そこで平成25年6月12日、「フロン回収・破壊法」が改正され、平成27年4月に「フロン類の使用の合理化及び管理の適正化に関する法律」と名称を変更しました。この法律の略称をフロン排出抑制法といいます。

そこでフロン排出抑制法では点検を行い、漏えいした場合には報告をする義務が発生します。

フロン機器「使用時」

  • 簡易点検もしくは定期点検の実施

  • 漏えいを発見した場合は漏えい個所の特定 整備を実施

  • 機器の点検 修理に関する記録簿の作成

  • フロン類算定漏えい量の報告

点検

・簡易点検 ・定期点検→直接法

           →間接法

記録

機器整備時、点検および整備内容を記録し保管すること。

報告

フロン漏えいが多い管理者は漏えい量を報告すること。

フロン機器「廃棄時」

廃棄等実施者

廃棄時に取り組む内容
(法改正前からの義務)

  • ・フロン類の適切な引き渡し
  • 改修依頼書/委託確認書の交付・保存、引取証明書の保存(行程管理制度)
  • ・フロン回収行程管理票を交付してのフロン類の回収

例:フロン回収行程管理票 A票

例:フロン回収行程管理票 A票
(機器の廃棄者が記入)

フロン排出抑制法に関するサービスはこちら

  • 定期点検の期限について
  • フロン排出抑制法の対象者・対象製品
  • 管理者とは
  • 第一種特定製品
  • 記録の保持・算定漏えい量の報告
  • 罰則について
  • FAQ